坐骨神経痛 治療

坐骨神経痛でお困りのあなたへ

 

当サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

当サイトでは、坐骨神経痛に関する様々な情報を提供してまいります。

 

お役に立つことができれば幸いです。

 

そもそも坐骨神経痛とは??

まずはじめに、坐骨神経痛とは一体何なのか??ということを解説していきます。

 

坐骨神経痛とは、
「足に出たしびれと痛みの総称」です。

 

坐骨神経痛という病気の名称ではなくて、
足に出たしびれや痛みの総称のことを言うんですね。

 

足に出た痛みやしびれの原因は数多くあります。

 

たとえば、有名なところで言えば、腰椎椎間板ヘルニアだったり、
脊柱管狭窄症だったり、閉塞性静脈硬化といったものです。

 

上記のような病気が原因で発生することもありますし、
ぎっくり腰や打撲のように、怪我が原因となることもありますし、
血管や内臓にダメージが加わることで、症状が出ることもあります。

 

他にも、極度の疲れによって発生することもありますし、
精神的ストレスや極度の思い込みによって発生することもあります。

 

仮に坐骨神経痛と病院で診断されたとしても、
それはあくまでも「足にしびれと痛みが出ている」というのを示していて、
実際には、原因の把握を言っているわけではないんですね。

 

まずは、「坐骨神経痛=足に出たしびれと痛みの総称」
という基本的な部分を覚えておいてください。

 

 

すべての症状に筋肉が関係している

 

続いても、基本的な原則になるのですが、
あらゆる原因の症状のほぼ全てに筋肉が関係しています。

 

筋肉に直接ダメージが入るのはもちろんのこと、
神経にダメージが入っても筋肉がパンパンになりますし、
血管に障害が起こっても間接的に筋肉にダメージが入ります。

 

精神的に強烈なストレスを受けたとしても、
身体内部でホルモンバランスが崩れることによって、
筋肉がコントロールできなくなり固まるようになります。

 

おしりの筋肉が硬くなってしまうと、
おしりからスタートしている坐骨神経を圧迫して、
足にビリビリとしたしびれを起こすようになりますよ。

 

ヘルニアと呼ばれる患者さんの中でも、
多くの場合は「本当のヘルニアの症状+筋肉の症状」の
両方が同時に発生していることが多いです。

 

ヘルニアによって足の激痛としびれが出る症状と、
それに付随した筋肉の張りによる症状が、
2つくっついて痛みとしびれが出てくるようになります。

 

ヘルニアの症状は、マッサージ等では改善できませんが、
筋肉の症状は、マッサージや治療で改善できます。

 

筋肉を緩めることで、症状の半分程度は回復可能なので、
現在発生している症状よりも、はるかに軽くなります。

 

 

 

長時間、同じ姿勢・行動をしていると発生しやすい

 

癌や腫瘍など、病的なものを除いて、
原因のほとんどが、長時間の同じ姿勢です。

 

デスクワークによって座りっぱなしだったり、
繰り返し同じ動作を行い続けていたり、
何度も筋肉に対して負担が加わると症状が出やすいです。

 

坐骨神経痛は、ある日突然現れるものですが、
ダメージは、ゆっくりと着実に身体に蓄積していきます。

 

ほとんどの方は、何をしていて症状が出たのか、
何が原因なのかわからないとおっしゃられますが、
多くは、ライフスタイルの中に存在しているんです。

 

ご自身がどのようなライフスタイルを送っているのか、
同じ姿勢・行動を行っているのかどうか、
この部分が坐骨神経痛を改善する、大きなポイントとなります。

 

たとえば、デスクワークの方でしたら、
おしりの筋肉に負担がかからないように、
円座のクッションを敷くようにする、

 

立ち仕事の方でしたら、
靴の中にインソールを入れるといった、
筋肉の負担を減少させる対策がポイントです。

 

同じ姿勢・行動を行い続けているのなら、
それに対して負担を軽減させるテクニックを使用するといいです。

 

 

 

目、疲れていませんか??

 

これも、非常に興味深い部分なのですが、
坐骨神経痛を訴えている患者さんの多くが、
目に症状が出ていることが多いです。

 

目が疲れて日頃から目薬を指していたり、
目の周りがピクピクと痙攣するようになったり、
極度の眼精疲労が出てきてしまうようになります。

 

目の疲れと坐骨神経痛は、
実は、とても深い関係性があります。

 

特にパソコンを行っている方で、
いつまでたっても坐骨神経痛が治らない方は、
もしかしたら、目の部分に原因があるかもしれません。

 

目というのは、神経によって動いています。

 

目をコントロールしている神経は、
後頭部の部分に存在しているのですが、
後頭部の筋肉は、常に腰の筋肉と連動しています。

 

首をぐるりと左側に回転させると、
腰の筋肉は、同時に右側に回転します。
首と腰は、常に一緒に動く設計になっています。

 

目の疲れが発生することで、
首の筋肉に極度な負担が入り、
それが腰に影響を与えてしまい、
最終的に坐骨神経痛へと移行します。

 

全身の筋肉は神経によってコントロールされているので、
一箇所の症状が、他の部分に弊害を及ぼすことは多いです。

 

あまりにも症状が抜けない場合には、
目の周りを蒸しタオルで温めるようにすると、
症状が一気に回復することもありますよ。

 

 

 

ふくらはぎ・足の裏側に大きな負担が入っている

 

更に気をつけなければならないのが、足裏の症状です。

 

目に負担が入ってしまって、
坐骨神経痛が出てくるようになると、
体全体のバランスが崩れてしまいます。

 

目に負担が入ると、身体の揺れを保つ
バランス能力が低下してしまうようになりますし、
そもそも、坐骨神経痛によって前後左右に揺れが強くなります。

 

カラダがグラグラと揺れるようになると、
身体を一番下の部分で支えている
ふくらはぎや足裏に負担が加わります。

 

ふくらはぎや足の裏側には、
腰のツボが沢山ついていますから、
自然に腰の症状が出てくるようになるんです。

 

眼の症状が、坐骨神経痛を引き起こしてしまい、
坐骨神経痛の症状が、ふくらはぎに影響を与えて、
ふくらはぎのダメージが、再び坐骨神経痛をキツくする、
といった最悪のスパイラルに落ちていってしまいます。

 

身体の一番上についている「目の部分」
身体の一番下に存在する「ふくらはぎの部分」

 

身体の上下から症状を回復させることも重要です。

 

 

 

症状が長引く患者さんほど、上記が重要

 

症状が長引いている患者さんほど、
ここまでの情報が必要になります。

 

坐骨神経痛の症状が出ているからといって、
おしりや足の部分だけを治療していっても、
あまり症状は回復しないんですね。

 

おそらく、病院などで治療を受けていると思うのですが、
ここまで書いてきたような情報は、
一切聞いたことはないと思うんですよね。

 

身体に対して本当に影響をあたえる部分、
原因とは関係のなさそうな部分の中に、
症状をいつまでも引き起こす原因が存在しています。

 

多くの患者さんを診てきた中で、
共通した情報となっています。

 

病的に発生した坐骨神経痛、
ガンなどの重病による坐骨神経痛でない限り、
ほとんどの症状は回復させることが可能です。

 

細かい情報の中にこそ、
本当の原因が潜んでいます。

 

こうした細かい情報を他にもサイト上にまとめましたので、
お時間のあるときに、ご覧いただければと思います。

坐骨神経痛でお困りの方へ